プログラム考案者

代表 古藤 涼平

 秦野生まれ秦野育ち。現在も秦野に在住。チーム立ち上げ当初は、部活動に所属する選手のサポートをするために立ち上げました。中学時代の記録が更新できない高校生や、慢性的なケガがなかなか改善しない選手が多く集まってきました。

 指導していくうちに、小学生のうちから指導することで、ケガをしにくい体づくりや動き方の指導をすることで、少しでも伸び悩んだり、慢性的にケガの予防になったりするのではないかと考え、2015年から小学生会員の募集を開始しました。現在では、小学生会員が全体の7割を占めています。

 小学生募集3年目(2017年)、初の全国大会に出場。中学生もジュニアオリンピックに出場し、少しずつ力がついてきました。従来の陸上指導とは少し違った、「身体の使い方を学んで記録を伸ばす」指導を重点的に行っています。


【資格・経歴】

・日本陸上競技連盟認定ジュニアコーチ

・提携スクール「大磯陸上スクール」代表

・デイサービスでの高齢者介護予防指導

※指導実績は、実績のページでご覧ください。